まんが好きは漫画家に向いている

a0790_001242
小さい頃に漫画家になりたいと思ったことはありませんでしたか。まんがのなかでは空を飛んだり超能力が使えたり! 普通の日常では味わうことのできない非日常的な出来事を体験することができるんですよね。
魅力的な性格や容姿を持った個性豊かなキャラクターたちが繰り広げるストーリーに夢中になってページをめくる手が止まらない! というあなたなら漫画家を目指すのも夢じゃないはず。
大切なのはまんがが好きでしょうがないという気持ちなんだから。
さてさて漫画家になるにはどんな方法があるのでしょう。
新人賞に投稿したり出版社に持ち込みしたり……意外にも漫画家を世間は求めているんです。
では新人賞や出版社の編集者に見せるための作品はどうやって描けばいいの? と思いますよね。
もちろん独学でまんがの勉強をしてプロになった人もたくさんいます。
でもやっぱり一人で描くとなるとわからないことがいっぱい……というあなたはぜひ漫画家学校に通ってみましょう。
漫画家学校はその名の通り漫画家を目指す人たちが通う学校です。
漫画家と一言で言ってもまんが原作者になりたいのか絵もストーリーも担当したいのかという点で大きく変わっていきます。
いま出版業界で注目されているのがまんが原作者で、ネームと言われるまんがの設計図を描けるようにカリキュラムが組まれています。
絵が苦手だけどまんがを通して読者に伝えたいことがあるんだ! という人はぜひまんが原作者への道を歩き出しましょう。
絵もストーリーも学びたいという人のためのコースもあり、基礎画力を上げるためにデッサンを繰り返したりデジタルのソフトでイラストを描いたりします。
もちろん面白いストーリーを発想する方法や魅力的なキャラクターはどういうものかを考える授業もあります。
漫画家学校では絵の画力をあげストーリーの思考法をお教えてくれて、とにかくカリキュラムが充実しています。
授業内ではたくさんの作品を作り上げることになるのでその作品を持って出版社へ持ち込みするカリキュラムも組まれているから驚きですよね。
まんが原作者を目指している人は絵を描いてくれる相方を見つけるのにも良い場所になるでしょう。
チャンスが溢れていて漫画家学校に通っている間にデビューする人もいるほどです。
まんがを描き切るというのは実はとても難しく壁にぶち当たると放り投げてしまうこともあります。
しかし漫画家学校では漫画家にとって一番大切な「描き切る」ことを身につけることができるのでどんどん作品ができあがっていきますよ。
漫画家学校に通ってまんがを描きたくさんの人に「面白い!」と言ってもらいましょう。

漫画(まんが)の学校ってどんな勉強をするのだろう